『私たちについて』

子どもの気持ちや個性を尊び、
「その子らしさ」を引き出す保育・療育を

代表取締役 福井 渉

当社は現在、横浜市内に4園の認可小規模保育事業を運営しております。待機児童の問題は、開園当初に比べ少しずつ解消に向かいつつあります。しかしながら、障がいを抱えた子どもたち、とりわけ未就学児(0歳から小学校入学前までの子ども)の居場所は満足にあるとは言い難いです。

保育型発達支援といろきっずでは、少人数制で子ども一人ひとりの個を尊び、丁寧に関わる小規模保育運営の経験を活かして、発達に気がかりなところが見られる子や発達障害を抱える子が「安心して自己を発揮できる」ことを基本とし、保育・療育を行います。

保護者の方からの聞き取り、アセスメントからその子の個性や発達段階に合った個別支援計画を立てながら、他のお友だちや先生たちと過ごす「保育」という生活の流れの連続を基盤とし、生活習慣や(言語にかぎらない)コミュニケーション力、SST(ソーシャルスキルトレーニング)に主眼をおいて支援をしていきます。

子ども一人ひとりの「できる部分」「すきなこと」「得意なこと」に気づき、伸ばし、それを認めながら子どもが自ら育つ「意欲」を育み、将来豊かな生活につなげていく発達支援を大切にしています。

つねに子どものそばに寄り添い、その子らしいかけがえのないアイデンティティの確立を支援する。 それが私たちといろきっずの信念です。

お子さまの発達について、もし少しでも気になることがあれば、お気軽に何でもご連絡ください。 私たちと一緒にできることからはじめましょう!

株式会社十色舎
代表取締役 福井 渉

安心して自分を発揮できる場所を

児童発達支援管理責任者 小幡 恵美

私はこれまで、保育園、障害児入所施設、療育センターでの勤務を通じて、色々なお子さんと出会い関わる中で、どんな子も安定した環境・人間関係の中でなら安心して自分を発揮できるという姿を何度も見てきました。

自分が発揮できる場、主体的に過ごせる環境は、できなかったことができるようになったり、得意なことやすきなことといった「その子らしさ」をもっと伸ばしていける基盤になります。

保育型発達支援といろきっず たまプラーザ教室では、ほんの小さな成長やちょっとした場面も見逃さず、お子さんや保護者の方と一緒に喜び、たくさん笑える場所になれたらと思っています。

保育型発達支援 といろきっず たまプラーザ教室
児童発達支援管理責任者 小幡 恵美

私たち十色舎は、平成27年度の子ども子育て支援新制度の開始と同時に保育事業をスタートしました。子ども一人ひとりの個を尊ぶ「十人十育」を保育理念に、未就学期に育む自己肯定力を将来”自分らしく生きるための力の根っこ”として考えた子ども起点の環境構成および保育の内容づくりを大切にしています。

会社概要

商号
株式会社十色舎
資本金
9,000,000円
代表者
代表取締役 福井 渉
設立
2014年9月3日
所在地
〒225-0002 神奈川県横浜市青葉区美しが丘5丁目2-4
連絡先
045-550-3417(代表)
従業員数
61名(2018年10月現在)
事業内容
保育所の経営、児童福祉法に基づく障害児通所支援事業 他

沿革

2015年
横浜市認可小規模保育事業「といろきっず中山保育園」開所
2016年
横浜市認可小規模保育事業「といろきっず美しが丘保育園」開所
2018年
横浜市認可小規模保育事業「といろきっず田奈保育園」開所
横浜市認可小規模保育事業「といろきっずたまプラーザ保育園」開所
2018年
横浜市指定児童発達支援事業「保育型発達支援といろきっずたまプラーザ教室」開所
2019年
横浜市認可小規模保育事業「(仮称)といろきっず青葉台保育園」開所予定

INFORMATION

TAMAPLAZA

東急田園都市線「たまプラーザ駅」「あざみ野駅」より徒歩7分。明るくて家庭的な雰囲気の児童発達支援事業所です。
横浜市認可小規模保育「といろきっずたまプラーザ保育園」と同建物内にあります。

NAKAYAMA

JR横浜線・横浜市営地下鉄グリーンライン「中山駅」より徒歩3分。
駅から近く、目の前には中山駅北第一公園があります。歩いて数分のところに法人姉妹園の認可小規模保育「といろきっず中山保育園」があります。